「オウンゴール。あれはオウンゴール」 ACL準決勝で決勝点の内田篤人に日本代表DFが”物言い”?

「オウンゴール。あれはオウンゴール」 ACL準決勝で決勝点の内田篤人に日本代表DFが”物言い”?

2018.10.4 ・ Jリーグ

シェアする

 10月3日に行なわれた鹿島アントラーズvs水原三星の準決勝第1戦は、3-2で鹿島が勝利し、ACL決勝進出に王手をかけた。


 ACL制覇を目指す鹿島にとって、決勝に駒を進めるためにも先勝しておきたかったホームでの一戦。だが、試合開始2分に相手CKから内田篤人にボールが当たってのオウンゴールで失点、6分にもデヤン・ダムヤノヴィッチにゴールを許し、2点を先取される。


 しかし鹿島は、21分にセルジーニョのクロスに鈴木優磨が飛び込み、水原三星DFのオウンゴールを誘発して1点を返す。84分にも、途中出場の西大伍からのラストパスでセルジーニョが同点ゴール。そしてアディショナルタイム、内田がゴールネットを揺らして、3-2で鹿島が勝利した。


 この内田の活躍には、鹿島サポーターのみならず、サッカーファンも熱狂。海外メディアも鹿島の勝利と内田の活躍を速報で伝えるなど、非常に大きな反響を呼んでいる。


 そんななか、やはりこの人も黙っていられなかったようだ。


 イングランドのプレミアリーグ、サウサンプトンに所属する吉田麻也が、自身のインスタグラムを更新。ストーリー(24時間で消えてしまう投稿)に、内田の写真とともに、「オウンゴール」「あれはオウンゴール」と主張するコメントを投稿した。

 おそらく吉田の”物言い”は、内田の決勝点を指している。


 決勝点の場面、セルジーニョのFKから混戦の中でこぼれたボールを拾い、内田がシュート。一度はDFに跳ね返されたが、再度、内田が蹴り込み、ネットを揺らしている。二度目のシュートの際、DFに当たってはいるが、公式記録では内田篤人のゴールとなった。


 それでも、ツッコまずにいられないのは、仲の良さゆえか。心中では、復帰後、徐々に復調している内田の活躍を喜ぶ気持ちもあったに違いない。


 吉田は、10月にパナマ戦、ウルグアイ戦を予定している森保ジャパンへの招集が決まっている。ロシア・ワールドカップ以来の日本代表戦だ。


 いつかまた、同じピッチの上で内田と吉田が並ぶ姿を観ることは叶うだろうか。

記事提供:サッカーダイジェストWEB

シェアする

最新記事

おすすめ動画