「バランスの取れたレベルの高いチーム」ドイツメディアが森保ジャパンを分析。絶好調のサムライ戦士を警戒「エレガントな選手」

「バランスの取れたレベルの高いチーム」ドイツメディアが森保ジャパンを分析。絶好調のサムライ戦士を警戒「エレガントな選手」

2022.11.19 ・ 日本代表

シェアする

 11月23日に行なわれるカタール・ワールドカップ(W杯)グループステージ第1戦の日本代表対ドイツ代表を前に、ドイツメディアが森保ジャパンを分析している。


『EUROSPORT』のドイツ版によると、ドイツ代表のハンジ・フリック監督は、日本について「ブンデスリーガでプレーしている日本人選手が多く、クオリティが高い」と印象を語っている。


 また、同メディアは「ビッグスター不在のバランス型チーム」と森保ジャパンを紹介し、以下のように記す。


「ビッグスターはいないが、バランスの取れたレベルの高いチーム。『ボールを奪ったら縦に速い攻撃をしたい』と森保一監督は自身の哲学を語っており、もしそれが成功すれば、このところ、ディフェンスで脆弱性を見せるドイツにとって難しい試合になるはずだ。いずれにせよ、日本はドイツに衝撃を与え、準々決勝進出へ準備が整ったようだ」

  そして警戒すべき選手として、フランクフルトで好パフォーマンスを続けるMF鎌田大地の名前を挙げた。


「鎌田はブンデスリーガで最もエレガントな選手の1人である。試合を読み、チームメイトを巧みに使い、ゴール前での効率もますます良くなっている。最近ではアメリカ戦でもゴールを決め、そのクオリティを見せつけた。鎌田の持つ“効率的なエレガンス”は、23日の開幕戦でドイツが警戒すべきだ」


 2大会ぶりの優勝を目ざすドイツとグループステージ初戦で戦う森保ジャパン。強豪を倒し、世界に大きなインパクトを与えられるか。


構成●サッカーダイジェストWeb編集部



 

記事提供:サッカーダイジェストWEB

シェアする

最新記事

おすすめ動画