後半ラッシュ、冨安投入など、日本の強さが凝縮されたスペイン戦の勝利【FIFA ワールドカップ 2022 グループE ハイライト】

FIFA ワールドカップ 2022 - グループE 第3節 日本 - スペイン

後半ラッシュ、冨安投入など、日本の強さが凝縮されたスペイン戦の勝利【FIFA ワールドカップ 2022 グループE ハイライト】

2022.12.2 ・ 日本代表

シェアする
日本VSスペイン戦の見逃しならABEMA!全64試合すべて無料!ハイライトも無料配信!

”森保ジャパン”は、グループステージ3試合目でスペインに2対1で勝利。E組1位でラウンド16進出を果たした。


勝利のポイントはいくつかあるが、大きくは前半を0対1で耐えたこと、後半のギアチェンジ、リード後のクロージングに分けられる。


「難しい展開の中で、1失点した後も我慢強く、粘り強く戦って、自分たちの流れに持って行こうと、非常に難しい戦いの中で選手たちがやってくれました」(森保一監督)


スタートを5-4-1で入ることは予想できていた。スペインの狙う『ハーフ』と呼ばれる中央と外側の中間にあるレーンを簡単に突かれないようにするには、5バックで対応するのが現実的だからだ。


ただ、ネックになっていたのが中盤の3枚をどう抑えていくか。筆者はある種、アンカーのブスケッツを捨てて、ボランチの2枚がペドリとガビをマークすれば、出しどころを失うと想定していた。


実際はボールを圧倒的に握るスペインが左右に揺さぶりをかけてくる中で、田中碧は最も危険なペドリをマークし、守田英正がブスケッツに行くと、もう一人のガビが浮いてしまう。


立ち上がりは鎌田大地と守田がシェアするような形で見ていたが、周りのチェックで浮いてしまうところから起点を作られて、右サイドバックのアスピリクエタにも良い形で出て来られていた。


失点後の変化


前半11分の失点はそこからサイドを深く抉られてしまい、二次攻撃からアスピリクエタのクロスをFWモラタに合わされた。


そこからセンターバックの谷口彰悟が前に出てガビをチェックするようになり、いきなり前を向いて、ボールを持たれることが無くなった。それに加えて、中盤での仕事が多岐にわたっていた守田と田中の行動が、良い意味で的を絞れた様子だった。


この変更について守田は「僕がプラスワンで斜めのガビを見たり、奥のモラタのところを消していたんですけど、どうしてもブスケツに手が届かなくて。なのでアスピリクエタには(鎌田)大地で、ガビには(谷口)彰悟さんで、(長友)佑都さんにはウインガーの選手(ニコ・ウィリアムズ)についてもらった」と振り返る。


事前のミーティングである程度、ケアするべきポイントは共有していたはずだが、ピッチ上では想定と違うことも出てくる。そうした中で、日本の柔軟性を象徴する出来事だった。


堂安のゴールで同点に


それでも、前半は苦しい時間が続いた。ドイツ戦もそうだったが、もう1点入ったら厳しくなるという状況で、全員がハードワークでタスクをこなしながら耐え抜いて、後半に勝負をかけていく。


そのプランはチームの全員が共有していたようだ。


後半立ち上がりから、森保監督は長友と久保建英に代えて三笘薫と堂安律を投入。いきなりハイプレスをかけると、伊東純也がボールを奪って、その流れから堂安が左足の強烈なシュート。GKウナイ・シモンが触るが、ボールの威力が優り、ゴールに突き刺さった。


追加点はその3分後、堂安の鋭い仕掛けからディフェンスとGKの間に通したショートクロスを三笘がラインギリギリで折り返し、飛び込んだ田中がゴールを揺らした。


VARチェックが長くかかったが、その分、ゴールが認められたことは大きく、スペイン側には心理的なダメージになったかもしれない。


攻撃的選手の同時投入


2失点後、ルイス・エンリケ監督は、前線に東京五輪で日本から決勝ゴールを奪ったマルコ・アセンシオ、若きストライカーのフェラン・トーレスを同時投入して追い上げを図った。


アセンシオはモラタのように前線で張るタイプではなく、”ゼロトップ”気味に動いてくるので厄介だが、再び自陣でブロックを作った日本は、柔軟にマークを受け渡しながら、トーレスとアセンシオの動きに対応した。


日本は前線でフル稼働した前田に替えて浅野拓磨を入れ、守備の稼働力を増やしながら、裏抜けを強め、スペインの勢いを削ぎにかかる。


ルイス・エンリケ監督は、二度目の”2枚替え”を敢行。左ウイングにアンス・ファティ、左サイドバックに本来のレギュラーであるジョルディ・アルバを投入したのだ。


そこで森保監督は怪我明けの冨安健洋を右ウイングバックに入れて、伊東純也を左のシャドーに移した。


冨安投入の効果


これが効果てきめんだった。冨安はアンス・ファティを完全に無力化した上で、ジョルディ・アルバの攻め上がりにも、堂安と共に柔軟に対応して見せたのだ。


リーガエパニョーラを普段から観ているファンなら、バルセロナ所属のアンス・ファティを止めることが、どれだけ難易度の高いタスクかよく分かるだろう。冨安は20歳の俊英の存在感を消してしまった。その上で周囲のカバーにも行く、異次元級の働きだった。


森保監督は冨安の投入をこう振り返る。


「トミの力を貸りて、試合を締めようということは考えていました。起用については非常に悩みました。なぜかというと、3人のセンターバックがイエローをもらっていたので。どこまで我慢すべきか。退場者が出るかもしれない中での決断は難しかったです」


さらに、こう続ける。


「交代を決断したのは、スペインが左サイドの攻撃を強めるカードを切ろうとしていたところで、我々は守備をしっかり固めて相手の攻撃を受けて、ボールを奪い、攻撃に転じていきたいという狙いで起用しました」


他会場の経過


森保監督のコメントから解釈すると、冨安を別のポジションやタイミングで使う可能性もあったのだろう。そうした中で、絶好のタイミングで右ウイングバックに投入したのは慧眼である。


左サイドは三笘と伊東で守ることになったが、後半頭から出てきたカルバハル、前線のトーレス、時にはワイドにアセンシオが流れてくる中で、しっかりと対処しながらカウンターにつなげたことで、スペインに勢いを出させなかった。


他会場では、終盤にドイツがコスタリカを逆転していた。順位表は得点の度に、大画面に表示されていたので、少なくともベンチの選手はライブで得点経過を知っていたはず。


スペインが80分過ぎから攻撃の勢いが無くなったのは、日本に負けてもドイツ、コスタリカを上回る、2位で通過できる算段があったのかもしれない。


次戦はクロアチア


実際、スペインは2位通過が決まったことで、ラウンド16の相手がクロアチアではなく、モロッコに決まった。そしてブラジルと決勝まで当たらない山になった。


日本の相手はクロアチアだ。「歴史を塗り替えたいですし、まずは次の試合、全力で勝ちたい」と話すのは伊東純也。


クロアチアはモドリッチを筆頭に、ドイツやスペインよりゲーム運びが上手い。日本は初出場のフランス大会で敗れた因縁の相手に勝利し、新しい景色を見ることができるだろうか。


次の試合まで中3日というタイトなスケジュールだが、大会中に成長する日本の選手たちを頼もしく思うと同時に、ノックアウトステージが本当に楽しみだ。(文・河治良幸)



FIFA ワールドカップ 2022 - グループE 第3節 日本 2-1 スペイン


【得点者】

堂安(日本) 後半3分

田中(日本) 後半6分


ーーー


FIFAワールドカップ カタール2022が 11月20日開幕!22回目となるスポーツ界最大級の祭典は史上初めて中東、冬開催の大会となる。1試合の交代枠が5人、登録選手も各チーム26人とルール変更もあり、新たなFIFAワールドカップとして記憶される大会となりそうだ。日本はFIFAワールドカップ フランス 1998から7大会連続7度目の出場となる。2002、2010、2018の3大会でベスト16に進出している。初のベスト8以上という目標を掲げて挑む森保ジャパンだが、ドイツ、コスタリカ、スペインと同居するグループリーグは過去最高に厳しい組み合わせとなった。強豪相手に如何にして戦うのか注目が集まる。


◇グループステージ 組み分け

【グループA】カタール、 エクアドル、セネガル、オランダ

【グループB】イングランド、イラン、アメリカ、ウェールズ

【グループC】アルゼンチン、サウジアラビア、メキシコ、ポーランド

【グループD】フランス、オーストラリア、デンマーク、チュニジア

【グループE】スペイン、コスタリカ、ドイツ、日本

【グループF】ベルギー、カナダ、モロッコ、クロアチア

【グループG】ブラジル、セルビア、スイス、カメルーン

【グループH】ポルトガル、ガーナ、ウルグアイ、韓国

シェアする

最新記事

おすすめ動画