「相手の罠にハマった」コスタリカ戦の敗因は? 堂安律が語る「頭によぎった」ものとは何か【W杯】

「相手の罠にハマった」コスタリカ戦の敗因は? 堂安律が語る「頭によぎった」ものとは何か【W杯】

2022.11.28 ・ 日本代表

シェアする

[カタール・ワールドカップ・グループステージ第2戦]日本 0-1 コスタリカ/11月27日/アフマド・ビン・アリ・スタジアム


「相手が5バックに変えてきて、停滞したゲームになった」


 堂安律は0-1で敗れたコスタリカ戦をそう振り返った。


 カタール・ワールドカップの初戦、ドイツに2-1で逆転勝利と最高のスタートを切りながらも、日本はなぜコスタリカによもや敗戦を喫したのか。相手の5バックについて「想定内」と言う堂安が敗因として口にしたのは、選手たちの意識だった。


「僕たちがシステムを変える可能性があるのも想定内。そういう意味で前半の0-0はプラン的には悪くなかった。でも選手たちの頭の中に『この相手には勝点3を取らないといけない』とよぎってしまった」

  81分には自陣の連係ミスを突かれてボールを失い、ショートカウンターから失点。堂安が語る頭によぎった「この相手には勝点3を取らないといけない」という意識は、ネガティブに作用した。


「焦るな、焦るなとは言いつつも、結果だけを見ると、相手の罠にハマってしまった。どっかで、頭の片隅で『早く点を取りたい』と焦って仕掛けてしまったのはあるかもしれない」


 まさに失点シーンは焦りからのミスだろう。半ば自滅気味の敗戦とも言えるかもしれないが、堂安は力強いコメントを残していた。


「下を向いている時間はない。どれだけ歯を食いしばって戦えるか。全選手、覚悟していると思う。全力で3戦目に向かうだけです」


 その言葉どおり次のスペイン戦では全力で戦えるか。後悔が残る試合だけは避けたい。


構成●サッカーダイジェスト編集部



記事提供:サッカーダイジェストWEB

シェアする

最新記事

おすすめ動画