「見る影もなかった」韓国メディアが名指しで酷評した森保ジャパン戦士は?「不振のせいで日本は衝撃的な結果となった」【W杯】

「見る影もなかった」韓国メディアが名指しで酷評した森保ジャパン戦士は?「不振のせいで日本は衝撃的な結果となった」【W杯】

2022.11.28 ・ 日本代表

シェアする

 11月27日に開催されたカタール・ワールドカップ(W杯)のグループステージ(E組)第2戦で、日本代表はコスタリカ代表と対戦。81分にミスから決勝点を献上し、0-1で敗れた。


 2-1で歴史的勝利を挙げたドイツ戦から先発5人を入れ替えて臨んだ森保ジャパンは、前半にほとんどチャンスを創り出せず。選手交代で活性化した後半も、決定力を欠いた。


 その試合で韓国のスポーツメディア『Sportal Korea』が酷評したのが、攻撃陣では唯一2試合連続で先発し、トップ下でプレーした鎌田大地だ。


 らしくないミスが少なくなかったMFに対し、「日本が誇るプレーメーカーは見る影もなかった」とバッサリ。「森保一監督は、鎌田を中心に攻撃陣を牽引させようとしたが、力不足だった。プレーメーカーの役目を果たさなければならない鎌田はなかなか力を発揮できなかった」とこき下ろしている。


「森保監督はコスタリカ戦にも鎌田を先発させて信頼したが。全く期待に応えられず、結局日本の0-1の敗北を見守らなければならなかった。頼みの鎌田の不振のせいで、日本は衝撃的な結果となった」


 スペインとのグループステージ最終戦では、失地回復の活躍に期待したいところだ。


構成●サッカーダイジェストWeb編集部



記事提供:サッカーダイジェストWEB

シェアする

最新記事

おすすめ動画