「日本を倒してくれ!」浅野への行為が“挑発”と物議の独代表リュディガー、同僚のスペイン代表DFに森保ジャパン撃破を懇願!他のドイツ選手も…【W杯】

「日本を倒してくれ!」浅野への行為が“挑発”と物議の独代表リュディガー、同僚のスペイン代表DFに森保ジャパン撃破を懇願!他のドイツ選手も…【W杯】

2022.11.28 ・ 日本代表

シェアする

 日本代表がコスタリカに負け、スペインとドイツが引き分けたため、カタール・ワールドカップのグループステージE組は大混戦となった。


 スペインが勝点4、日本とコスタリカが勝点3、ドイツが勝点1となり、最終節では日本とスペイン、ドイツとコスタリカが相まみえる。


 最下位のドイツとしては、スペインが日本に勝ってくれれば、自力でグループステージ突破の道が開ける。


 そのため、スペイン紙『MARCA』によれば、ドイツ代表DFのアントニオ・リュディガーはスペイン戦後、レアル・マドリーの同僚である相手DFダニエル・カルバハルに「日本を倒さないといけない」と言葉を掛けたという。


 リュディガーといえば、日本戦で浅野拓磨の突破を阻んだシーンで奇妙な“腿上げステップ”をし、本田圭佑に「バカにしている」と指弾されて話題となった選手だ。


 これを受けたカルバハルは「我々が勝ちに行くことに誰も疑いを持っていないと思う。それは僕たちが1位通過するのを保証するものだからね」とコメントしている。


 また、スペイン代表アタッカーのダニ・オルモも、RBライプツィヒのチームメイトであるルーカス・クロスターマンやダビド・ラウムから同様の懇願をされたことを明かしている。


 森保ジャパンが本気のスペインに挑む運命の最終節は、現地12月1日にキックオフされる。


構成●サッカーダイジェストWeb編集部



記事提供:サッカーダイジェストWEB

シェアする

最新記事

おすすめ動画