日本の希望は三笘薫。スペイン戦へ守備の負担を減らしてでも勝負させる術を探りたい【W杯】

日本の希望は三笘薫。スペイン戦へ守備の負担を減らしてでも勝負させる術を探りたい【W杯】

2022.11.28 ・ 日本代表

シェアする

[カタール・ワールドカップ・グループステージ第2戦]日本 0-1 コスタリカ/11月27日/アフメド・ビン・アリー・スタジアム


 悔しい敗戦となった。


 カタール・ワールドカップのグループリーグ初戦、ドイツ戦に勝利していた日本は連勝を狙ったが、第1戦をスペインに0-7で敗れたコスタリカに、試合終盤のワンチャンスを決められて敗戦した。


 相手が5バックを敷くなかで、なかなか攻撃のテンポを上げられず。それでも前半の終わりごろから3-4-2-1にシステムを変え、チャンスも作ったが、決めることはできなかった。


 日本とコスタリカの一戦から7時間後にキックオフされたドイツとスペインの一戦はドロー。これでグループEは勝点4のスペインが首位、勝点3の日本が2位、同3のコスタリカが得失点差で3位、勝点1のドイツが4位となった。


 ただし、最終戦では日本がスペインと対戦し、ドイツはコスタリカと対戦。日本は勝ち上がりへスペインとの真剣勝負に挑み、引き分け以上の結果を目指すことになる。

  悲願のベスト8進出を目標に掲げる日本は、ドイツ戦から先発5人を変更。もっともドイツ戦でもフル出場した吉田麻也、遠藤航、鎌田大地といったセンターラインを残し、グループ突破へ大手をかけにいったが、最終盤で頼りの吉田に失点につながるプレーが出てしまうなど苦しい敗戦を喫した。


 吉田は「たくさんの批判が起こることは理解していますが、個人的にもチームとしても日本代表としても、こういう大きな注目される大会で批判はつきもの。もう一回立ち上がらなくてはいけないですし、自信と勇気を持ってスペインに戦に臨まなくてはいけない」と険しい表情で語った。


 苦しい状況に置かれた森保ジャパン。そのなかで光明を見い出すなら、ドイツ戦に続いてコスタリカ戦でも途中出場し、得意の左サイドから2度、深く敵陣をえぐり、チャンスを作り出した三笘薫だろう。


 今大会に向けては発熱の影響で合流が遅れたが、ドイツ戦でも堂安律の同点弾に絡むなど存在感を示した三笘。2試合とも3-4-2-1のウイングバックでの起用となったが、自らの持ち味を存分に生かしている。


 もっとも本人はコスタリカ戦後、「最後の質でゴールに結びつけられないと意味がないので、もっとできたことはあったのかなと思います」と振り返っている。


 森保ジャパンにとって三笘が大きな武器であることは、この2試合でも改めて証明されている。スペインもそこをケアしてくるだろうが、日本としては彼に良い形でボールを持てる状況を作り出すべきだろう。


 それこそ守備の負担を減らしてでも、左サイドの高い位置で彼が勝負を仕掛けられるシチュエーションを作りたい。日本の希望をフル活用する術を、スペイン戦までの3日で明確に準備する必要がありそうだ。


取材・文●本田健介(サッカーダイジェスト特派)



 

記事提供:サッカーダイジェストWEB

シェアする

最新記事

おすすめ動画