最下位チームが“時間を殺す”意図を正確に捉えるべきだった。ターンオーバーなど全く問題ではない。メンバー変更は当然【W杯】

最下位チームが“時間を殺す”意図を正確に捉えるべきだった。ターンオーバーなど全く問題ではない。メンバー変更は当然【W杯】

2022.11.28 ・ 日本代表

シェアする

[カタール・ワールドカップ・グループステージ第2戦]日本 0-1 コスタリカ/11月27日/アフマド・ビン・アリ・スタジアム


 スペインに0-7でボロ負けしたコスタリカは、勝たなければならないから、アグレッシブに前へ出てくるはず。日本はその裏を突ければいい――。


 誰だ? そんなことを言っていたのは? 筆者だ。解説者だ。あるいは選手自身も同じことを言っていた。勝点3を焦るコスタリカの隙を突いて、勝とうと。


 ところが、現実は完全に逆だった。81分に決勝点。勝点3を焦る日本の隙を突き、コスタリカが勝ってしまったのだ。実際のところ、彼らが前に出てきたのは最後の10分だけ。相手ペナルティエリア内のタッチ数がわずか2回で勝利を収めたのは、1966年以降のワールドカップでは史上最少とのこと。恐ろしい効率、試合巧者。コスタリカに焦りなど全くなかった。


 ルイス・フェルナンド・スアレス監督は、日本のメディアに精通していたのだろうか。日本人はスペイン戦を前に、勝点6を取らなければならないと囁き合っている。コスタリカではなく、スペインを見ながら第2戦に臨もうとしている。そして、「コスタリカは焦って前に出てくるはず」と決めつけている。

 だから勝負を急ぐ必要はない。残り15分まで0-0なら、焦るのは我々ではなく、日本のほうだと。それが故の前半45分、後半30分までの塩試合。見透かされていた気がしてならない。


 試合が始まった瞬間に、嫌な予感はあった。コスタリカの戦い方が、想定とはあまりにも違いすぎたからだ。


 彼らが守備的な5-4-1を敷いたことだけでなく、意外だったのは、本来はセンターフォワードのジョエル・キャンベルを左サイドで起用したことだ。懐が深くてキープ力があり、コスタリカの起点になる選手だけに、ポイントは吉田麻也や板倉滉と遠藤航が挟んで潰すことだと思っていたが、まさかのサイド逃し。酒井宏樹と冨安健洋を欠き、山根視来の出場が見込まれた場所にエースFWを当ててきた。


 個の部分では大きな問題は無かったが、キャンベルがサイドに出てきたことで、挟んで対応するのが難しくなった。山根の前にいる堂安律は、相手の3バックの左側へ、前へ出て寄せるタイミングを計っているので、山根と連係しづらい。後半は対応を修正して挟み込む場面が増えたが、特に前半は、1対1では無敵のキープ力を誇るキャンベルに、サイドで飄々と起点を作らせてしまった。

  何よりも想定外だったのは、その意図だ。コスタリカはボールを持っても、攻めて来ないのだ。ただ、ボールを回すだけ。最下位チームが時間を殺すという、あべこべすぎる現象に、見ている筆者は戸惑った。


 だが、先述した通り、これはコスタリカが意図した流れだろう。勝点6を焦る日本の隙を突くため。すべてはスアレスのシナリオ通りに。


 世間で問題視されたターンオーバーなど、全く問題ではない。そもそもドイツ戦とコスタリカ戦は戦略の想定が違いすぎる。メンバーは変わって当たり前だ。それでも変わらずに戦えるのは、どこと対戦するにも「自分たちのサッカー」を貫く強豪国と、逆にメンバー層が薄すぎてベンチを信用できない弱小国だけだ。今の日本はどちらにも当てはまらない。よって、コスタリカ戦でメンバーが変わるのは当然だった。


 怪我人を除けば、変えたのは4人だ。そのうち守田英正はコンディション不良で出遅れたが、本来はレギュラーの選手。実質的には前線の3人だけだ。入れ替えは常識の範囲だった。


 仮にコスタリカの戦い方が分かっていれば、もっとベターな布陣はあったが、それとこれとは別の話。ターンオーバーしたこと自体が悪いとは全く思わない。

  やはり問題だったのは、コスタリカを見誤ったこと。


 コスタリカを侮ったとは思わない。むしろ、75分の塩試合で15分だけにかけるという、とんでもなく日本をリスペクトした、下から目線の戦略を立ててきた相手だ。むしろ過大評価してしまった。アグレッシブに日本を倒しに来るだろうと、勘違いした。でも実際には、彼らはその程度の傲慢さすら持っていなかったのだ。


 コスタリカはもっと現実的に足もとを見つめ、日本をリスペクトしていた。その結果が、あの塩戦略だ。侮ったというより、相手の本質を見誤った。


 最下位チームが時間を殺しに来たことの意図を、もっと正確に捉えるべきだった。後半途中から、日本のコーナーキック時の被カウンターで数的不利になりかけるなど、結果的には相手のミスに助けられて事なきを得つつも、リスク管理の甘さが出る場面が増えていたことに、もっとアラートを発するべきだった。


 外連味のない日本代表、森保ジャパンの良さも悪さも、ドイツ戦とコスタリカ戦の2試合で顕になった。スペイン戦は今一度、その良さを出す試合に持っていきたいところだ。


取材・文●清水英斗(サッカーライター)



記事提供:サッカーダイジェストWEB

シェアする

最新記事

おすすめ動画