「アジアの光がアジアの恥となる」コスタリカ戦に敗れた森保ジャパンを中国メディアがバッサリ!「敵を過小評価し顔面を平手打ちされた」【W杯】

「アジアの光がアジアの恥となる」コスタリカ戦に敗れた森保ジャパンを中国メディアがバッサリ!「敵を過小評価し顔面を平手打ちされた」【W杯】

2022.11.28 ・ 日本代表

シェアする

 11月27日に開催されたカタール・ワールドカップ(W杯)グループステージ(E組)第2戦目で、日本代表はコスタリカ代表と対戦。ボールを支配しながらチャンスを活かせず、81分にケイセル・フレールにゴールを許して0-1で敗れた。


 ドイツから金星を挙げながら、先発5人を入れ替えて敗れた日本の戦いぶりに中国メディアも反応。ポータルサイト『捜狐』は「顔面を平手打ちされた!日本は敵を過小評価した」とし、大幅なスタメン変更を糾弾した。


 同メディアは「初戦でコスタリカは0-7で敗れ、勝ち上がりの望みはないと思われた一方で、日本はドイツを2-1で下した。試合前の予測では、満場一致で日本について楽観的だった」と綴り、こう続けている。


「試合中も日本が優勢だったが、最終的にはコスタリカが勝利した。これは、第1戦で日本がドイツを逆転したのと同じようなものだ。途中までは希望はなかったが、必死に生まれ変わったコスタリカは致命的な打撃を与えたのだ」


 また『捜狐』は他の記事でも「アジアの光がアジアの恥となる!日本が最大の敗者になる。森保は終わった」と辛辣だった。


 日本はグループステージ突破を懸けた最終節で、スペインと対戦する。再び下馬評を覆せるか。


構成●サッカーダイジェストWeb編集部



記事提供:サッカーダイジェストWEB

シェアする

最新記事

おすすめ動画