GK谷が攻守連発も...U-17日本代表、イングランドにPK戦で敗れ、ベスト16で夢潰える

FIFA U-17 ワールドカップ インド 2017 イングランド戦 ハイライト

GK谷が攻守連発も...U-17日本代表、イングランドにPK戦で敗れ、ベスト16で夢潰える

2017.10.18 ・ 日本代表

シェアする

日本時間17日、FIFA U-17W杯インドの決勝トーナメント1回戦(ラウンド16)、U-17イングランド代表戦がコルカタのVYBKスタジアム行われ、U-17日本代表はPK戦の末に敗退。ベスト8を前に悔しい敗戦となった。


負ければ敗退となるノックアウトステージ。スタメンは初戦と同じ11人がピッチに立った。GK谷晃生、最終ラインは右から喜田陽、菅原由勢、小林友希、鈴木冬一。ダブルボランチにキャプテンの福岡慎平と平川怜。右サイドに中村敬斗、左に上月壮一郎。2トップに宮代大聖と久保建英が入る、4-4-2でスタートした。


イングランドはチェルシー、マンチェスター・シティ、マンチェスター・ユナイテッドなどのビッグクラブに所属する選手を揃えた優勝候補で、日本の若武者は強敵相手に苦戦を強いられる。


イングランドのMFフォデン、左サイドのスピードスター・オドイを中心とした、スピードとテクニックあふれる攻撃に何度もピンチを迎えながらも、キャプテンの福岡、最終ラインの菅原、小林、鈴木といった選手が体を張って食い止め、意地のディフェンスでゴールに鍵をかける。


攻撃に目を向けると、日本は久保が前を向いてボールを持ったときにチャンスが生まれる。前半18分には久保がドリブルからミドルシュートを放ち、前半37分には平川、中村とつなぎ、上月がシュートを打つがサイドネット。前半アディショナルタイムにも、久保のパスを受けた上月がミドルシュートを打つなど、徐々にイングランドゴールに迫り始める。


後半に入っても、試合の主導権を握るのはイングランド。フォデンの2列目からの飛び出し、オドイのスピードを活かしたドリブル突破で日本のゴールを脅かす。


劣勢を挽回したい日本は後半9分、右サイドハーフの中村に替えて椿直起を投入。後手に回っていた右サイドの活性化を図る。24分には久保がドリブルを仕掛け、ペナルティエリアの外から強烈なシュートを打つ。これはGKの正面を突いたが、日本に訪れた久しぶりのチャンスだった。


後半30分を過ぎたあたりからイングランドの足が止まり始め、途中出場の選手も目立った活躍はできず。一方で劣勢だった日本がボールを保持する場面が増え、後半43分には久保、椿とつなぎ、宮代がボレーシュートを打つ。直後にも久保がドリブルでイングランドの選手3人を引き連れてシュート。後半アディショナルタイムには、攻守に大活躍の鈴木が強烈なシュートを打つが、GKの好セーブに遭い、ゴールはならず。


互いに一歩も譲らない熱戦は、アディショナルタイム5分を経過してもゴールが生まれず、勝負の行方はPK戦に委ねられた。


注目のPK戦は、日本の3人目、喜田のシュートがGKに止められてしまい、PK5対3でイングランドが勝利。日本の挑戦はラウンド16で幕を閉じた。


試合後、森山佳郎監督は「選手は倒れるまで走ろうということで、最後の最後まで戦ってくれた。選手たちを誇りに思う。世界を目指す旅はまだまだ途中。この悔しさをエネルギーに変えて頑張って欲しい。後半の途中からこちらのペースになるはずで、そこまでみんなで我慢してチャンスは作れたが、最後の一つが決まらず、本当に悔しいです」と無念の表情。


攻撃を牽引した久保は「あと一歩のところまで行って勝てなかったのは悔しい。相手は強かったけど、自分たちも十分にやれた。もっと先の景色を見てみたかった」と悔しさをにじませた。


これにより、日本のU-17W杯は終了。とはいえ、選手たちの戦いに終わりはない。2019年のU-20W杯、そして2020年の東京五輪、さらにはW杯へと道は続いている。森山監督の言葉を借りるなら「世界を目指す旅の途中」ということになる。フランス、イングランドといった世界の強豪と戦った経験を活かし、さらなるレベルアップに繋げたい。


写真提供:getty images

シェアする

最新記事

おすすめ動画