強豪アルゼンチンに逆転勝利。苦戦続きのアジアの屈辱を晴らしたサウジアラビア【FIFA ワールドカップ 2022 グループC ハイライト動画】

FIFA ワールドカップ 2022 - グループC 第1節 アルゼンチン - サウジアラビア

強豪アルゼンチンに逆転勝利。苦戦続きのアジアの屈辱を晴らしたサウジアラビア【FIFA ワールドカップ 2022 グループC ハイライト動画】

2022.11.23 ・ 海外サッカー

シェアする
【ABEMA独占】アルゼンチンVSサウジアラビア戦の見逃しならABEMA!全64試合すべて無料!ハイライトも無料配信!

カタールの隣国であり、今回のFIFAワールドカップで最も多くのチケットを購入した10カ国の一つ。サウジアラビアはルザイル・スタジアムの一角を占めたサポーターの大声援を受け、強豪アルゼンチンに2-1で逆転勝利を収めた。


サウジアラビアのルナール監督は、記者会見で自重気味に語っている。


「これがフットボール。時々、完全に信じられないことが起こる。戦術的に言えば前半は良くなかった。ブロックはコンパクトだったが、プレッシャーが充分ではなく、2人のセンターバックは危険にさらされた」


4-1-4-1の布陣で試合に入ったサウジアラビアはハイラインを敷き、全体もコンパクトだった。


しかし、相手のボールがフリーな状態でも、ラインコントロールする気配がなく、常に上げっぱなし。まるでブレーキが壊れた車のようにハイラインをキープし、見ているこちらが怖くなるほどだった。


多発するオフサイド


ところが、背後のスペースへ飛び出し放題のアルゼンチンが、ことごとくオフサイドに引っかかってしまう。


特に前半27分の場面は際どく、アルゼンチンがゴールネットを揺らしたかに見えたが、飛び出した時にFWラウタロ・マルティネスの肩がわずかに出ており、ショルダー・オフサイド。


ルナール監督も「終わったと思った」と漏らしたが、サウジアラビアは終わっていなかった。


おそらく昨季までJリーグが使用した”2DのVARでは判定の確証が得られず、ゴールが認められた場面と推測できる。しかし、今大会で導入された半自動オフサイド技術はこれを見逃さず、シャットアウトした。



アルゼンチンは前半10分のPKの後は追加点を挙げることが出来ず、代わりに前半だけで6個のオフサイドを記録。後半を含めると10にまで増えている。


これまではスルーされた微細なオフサイドが見逃されなくなれば、ゲームのバランスに影響を及ぼすことは間違いない。


ハイライン戦術はデリケート・オフサイドの恩恵を受けるシーンが増え、逆にゴール前にバスを置く守り方は、サウジアラビアが与えたPKのようにファウルが見逃されず、損害を受ける回数が増える。今後のトレンドに影響を与えそうだ。


サウジ守備陣の一体感


サウジアラビアも、ブレーキが壊れたような危ういラインコントロールではあったのだが、4人のDFの立ち位置は不思議と統一されていた。


普通、フリーで飛び出される状況では、DFの誰かが引きずられ、ラインに段差が生じ、そのすき間からオフサイドをかい潜られたりするものだ。


しかし、サウジアラビアはセンターバックからサイドバックに至るまで、どんな状況でもハイラインでピシッと揃っていた。背後に飛び出されているのに、センターバックが全く下がらない。どっちつかずではない、この一体感はキーポイントだった。


アルゼンチンにとっては、がらがらに空いている相手の背後のスペースが、結果として罠になったのかもしれない。安易かつ単調な攻撃を続けて、相手のリズムになってしまった。


サウジアラビアは前半のアディショナルタイム、右インサイドハーフを務めていたFWサルマーンが負傷交代し、FWナウワーフを投入。4-4-2に変更して後半に臨んだ。


すると48分、中盤でボールを奪ったMFアルマールキから2トップへカウンターで縦パスが入り、アル・シェフリが同点ゴール。


光ったアルマールキ


割れんばかりの歓声で勢いに乗るサウジアラビアは53分、右サイドからのクロスをアッ=ドーサリーが拾い、続けて逆転ゴールを突き刺した。そして終盤には4-4-2から5-4-1へ変え、逃げ切りに成功した。


サウジアラビアのベストプレーヤーは、中盤の底でバランスを取り続け、リーダーシップを発揮したアルマールキだろう。


今年2月に行われたFIFAワールドカップ・アジア最終予選の日本戦で前十字靭帯を負傷した選手だが、見事にカムバックし、同点ゴールの起点になった。これも付記しておきたい。


苦戦続きのアジアの屈辱を晴らしてくれた、サウジアラビア。日本も続きたいものだ。(文・清水英斗)



FIFA ワールドカップ 2022 - グループC 第1節 アルゼンチン 1-2 サウジアラビア


【得点者】

メッシ(アルゼンチン) 前半10分

サレー・アル・シェフリ(サウジアラビア) 後半3分

サレム・アル・ドサリ(サウジアラビア) 後半8分

ーーー


FIFAワールドカップ カタール2022が 11月20日開幕!22回目となるスポーツ界最大級の祭典は史上初めて中東、冬開催の大会となる。1試合の交代枠が5人、登録選手も各チーム26人とルール変更もあり、新たなFIFAワールドカップとして記憶される大会となりそうだ。日本はFIFAワールドカップ フランス 1998から7大会連続7度目の出場となる。2002、2010、2018の3大会でベスト16に進出している。初のベスト8以上という目標を掲げて挑む森保ジャパンだが、ドイツ、コスタリカ、スペインと同居するグループリーグは過去最高に厳しい組み合わせとなった。強豪相手に如何にして戦うのか注目が集まる。


◇グループステージ 組み分け

【グループA】カタール、 エクアドル、セネガル、オランダ

【グループB】イングランド、イラン、アメリカ、ウェールズ

【グループC】アルゼンチン、サウジアラビア、メキシコ、ポーランド

【グループD】フランス、オーストラリア、デンマーク、チュニジア

【グループE】スペイン、コスタリカ、ドイツ、日本

【グループF】ベルギー、カナダ、モロッコ、クロアチア

【グループG】ブラジル、セルビア、スイス、カメルーン

【グループH】ポルトガル、ガーナ、ウルグアイ、韓国


◇日本戦情報

グループE 第1節 ドイツ vs 日本

11月23日(水) 日本時間 22時00分 キックオフ

ABEMA LIVE中継 21:00

NHK総合ほか LIVE中継 21:30


グループE 第2節 日本 vs コスタリカ

11月27日(日) 日本時間 19時00分 キックオフ

ABEMA LIVE中継 18:00

テレビ朝日系列 LIVE中継 18:40


グループE 第3節 日本 vs スペイン

12月2日(金) 日本時間 4時00分 キックオフ

ABEMA LIVE中継 3:00

フジテレビ系列 LIVE中継 2:00

シェアする

最新記事

おすすめ動画