スペイン先制も、ドイツが83分に追いつき1-1ドロー!日本は2位でGS最終戦へ【W杯E組】

スペイン先制も、ドイツが83分に追いつき1-1ドロー!日本は2位でGS最終戦へ【W杯E組】

2022.11.28 ・ 海外サッカー

シェアする

 現地時間11月27日に開催されたカタール・ワールドカップ(W杯)グループステージ(E組)第2戦目で、スペイン代表とドイツ代表が激突した。


 このグループステージ最大の注目カードで、序盤からペースを掴んだのは、コスタリカとの初戦に7―0で圧勝したスペインだ。7分、小気味のいいパスワークから、左サイドでパスを受けたダニ・オルモがエリア外から強烈なシュートを放つも、GKノイアーが右手一本で防いだボールはバーに直撃する。


 初戦で日本に敗れ、崖っぷちのドイツも10分、持ち上がったゴレツカがスルーパス。ニャブリのシュートは飛び出してきたGKウナイ・シモンに阻まれる。


 ドイツは25分にもニャブリがミドルシュートを放つも、枠を外れる。さらに39分には、セットプレーからリュディガーがネットを揺らすも、オフサイドでゴールは認められない。

  後半もドイツのペースが続き、56分にはギュンドアンが際どいシュートを放つも、ここもU・シモンの好セーブに阻まれる。


 迎えた62分、スペインが均衡を破る。左SBジョルディ・アルバのグラウンダーのクロスに途中出場のアルバロ・モラタがワンタッチで合わせて見事にネットを揺らす。


 連敗は避けたいドイツは70分に3枚替えを敢行。ザネ、フュルクルク、クロスターマンを投入。73分には、ムシアラがエリア内で強烈なシュートを放つも、GKシモンに阻まれる。


 それでも83分、ムシアラのアシストからフュルクルクが右足の強烈なシュートを叩き込み、同点に追いつく。


 試合はこのまま1-1のドローで終了。この結果。スペインが勝点4、日本とコスタリカが勝点3、ドイツが勝点1となり、日本は得失点差で2位を維持した。


 運命の最終節で、スペインは日本、ドイツはコスタリカと対戦する。


構成●サッカーダイジェストWeb編集部



記事提供:サッカーダイジェストWEB

シェアする

最新記事

おすすめ動画