アルゼンチンが試合巧者のクロアチアに完勝。メッシの活躍で頂点まで後一歩に迫る【FIFA ワールドカップ 2022 準決勝 ハイライト】

FIFA ワールドカップ 2022 - 準決勝 アルゼンチン - クロアチア

アルゼンチンが試合巧者のクロアチアに完勝。メッシの活躍で頂点まで後一歩に迫る【FIFA ワールドカップ 2022 準決勝 ハイライト】

2022.12.14 ・ 海外サッカー

シェアする
アルゼンチンVSクロアチア戦の見逃しならABEMA!決勝トーナメントもすべて無料!ハイライトも無料配信!

アルゼンチンが完璧なゲーム運びで、試合巧者のクロアチアを凌駕した。


守備を安定させるため、ボランチにパレデスを起用する4-4-2でスタートしたアルゼンチンに対して、クロアチアはいつもの4-3-3ながら、守備では5バック。


攻撃ではモドリッチかブロゾヴィッチが中盤から後ろに下がって組み立てる”3枚回し”を行い、守備ではアルゼンチンをはめ、攻撃では立ち位置をズラしてボールを支配した。


序盤はクロアチアの優勢に見えたが、振り返ればそれもアルゼンチンの罠だったのかもしれない。


クロアチアがモドリッチを起点にクラマリッチ、ペリシッチとパスを繋ぎ、惜しいチャンスを作って間もない時間帯だった。


モドリッチが中盤でコントロールしたところをエンソ・フェルナンデスが見逃さずに奪うと、浮き球のスルーパスを前方に送る。


そこに走り込んだのは若き”メッシの相棒”フリアン・アルバレスだった。前に出たGKリヴァコヴィッチと衝突して倒れ、PKを獲得。


リヴァコヴィッチはボールにチャレンジした結果で、判定は難しいところだが、キッカーのメッシはPK戦で大活躍してきた守護神をものともせずに、落ち着いて右上に決めてみせた。


アルゼンチンが2点リード


クロアチアはすかさず反撃に出るが、前がかりになった背後を抜け目なく突いたアルゼンチンが、すかさず追加点を奪う。


前半39分、コーナーキックの裏側のカウンターから、アルバレスが中央をドリブルで運び、並走してきたモリーナが作ったコースから、右足シュートでリヴァコヴィッチの脇を破った。


少ないチャンスをものにして、2対0とリードを広げたアルゼンチン。前半終了間際にコーナーキックから3点目のチャンスを迎えるが、GKリヴァコヴィッチがマカリスターのヘッドをビッグセーブで防ぎ、後半に希望を繋いだ。


ハーフタイムを挟み、クロアチアのダリッチ監督は二枚替えを敢行。サイドアタッカーのペリシッチを左サイドバックに下げ、ブラジル戦で起死回生の同点ゴールを決めた長身FWのペトコヴィッチを投入。クラマリッチとの2トップにする4-4-2で勝負に出る。


これに対して、アルゼンチンのスカローニ監督はボランチのパレデスを下げて、センターバックのリサンドロを投入。5-3-2にして、クロアチアのサイド攻撃を封じに来た。


メッシの輝き


なかなか攻め手を見いだせないクロアチアに対して、アルゼンチンは後半24分、右サイドに流れたメッシがドリブルで縦に進撃する。


中央から流れて対応にきたグヴァルディオルも破って中に折り返すと、タイミングよく走り込んだアルバレスが右足で流し込んだ。


この大会で最大級のブレイクを果たしたグヴァルディオルだが、メッシによってさらに上のレベルを示されたことは、成長を加速される経験になるかもしれない。


残り20分で3対0とリードを広げたアルゼンチン。スカローニ監督は交代カードをうまく使いながらクロージングしたが、メッシは最後までピッチに立たせた。


逆にクロアチアのダリッチ監督は、もはやお手上げの状況で、後半36分に37歳のモドリッチを下げる決断をした。これは、3位決定戦が中3日で行われる事情もあったかもしれない。


アルゼンチンが完勝


最終的にスコア以外は、シュート数もボール保持率もクロアチアが上回った。しかし、このゲームにおいてそうした数字はさほど重要ではない。


アルゼンチンがクロアチアの戦いぶりを分析した上で、抜け目なく隙を突いて3対0の完勝に結び付けた。


準々決勝のブラジル戦ではレアル・マドリーのチームメートであるロドリゴなどを抱擁で慰めたモドリッチだが、今度は元同僚のディ・マリアに抱擁された。


ここまで2度のPK戦を制するなど、見事な戦いをしてきたクロアチア。


メッシを擁するアルゼンチンにファイナル進出を阻まれたが、気持ちを前に向けて、3位決定戦で良い戦いを見せてくれることを期待している。(文・河治良幸)



FIFA ワールドカップ 2022 - 準決勝 アルゼンチン 3-0 クロアチア


【得点者】

メッシ(アルゼンチン) 前半34分

アルバレス(アルゼンチン) 前半39分

アルバレス(アルゼンチン) 後半24分



ーーー



11月20日に開幕したFIFAワールドカップ カタール2022もついにクライマックス。22回目となる今大会は史上初めて中東での冬季開催となり、1試合の交代枠が5人、登録選手も各チーム26人とルールも改定、判定にも半自動オフサイドテクノロジーが導入される等、様々な試みがFIFAワールドカップに新しい魅力をもたらした。


誰も止められないエース・エムバペ擁する優勝候補筆頭フランス、世界王者へラストチャンスに賭けるメッシ率いるアルゼンチン、闘神モドリッチを中心に圧倒的な勝負強さを見せるクロアチア、そしてアフリカ、アラブの期待を一身に背負って台風の目となったモロッコ。どのチームが来ても決勝カードは間違いなく面白くなりそうな4チームが残ったFIFAワールドカップ2022準決勝、引き続きご注目いただきたい。


◇決勝トーナメント 準決勝(全て日本時間)

12/14(水) 4:00 アルゼンチン vs クロアチア

12/15(木) 4:00 フランス vs モロッコ

シェアする

最新記事

おすすめ動画